HOtel cleanliness & Marketing Support


【宿泊施設客室で】

大切な手肌を荒らすことなく、安心してご使用戴けます。

発泡性がなく二度拭きの必要がありません。水周りから離れた部分でもご使用戴けます。

"無臭"です。

静電気防止効果により、通常の水拭きより埃が付き難くなります。


検査担当の"チェッカー"にもすこぶる便利な1本です。様々な汚れに対応します。

不意の"緊急清掃"時にもご活用を戴けます。


■ 浴室・トイレの汚れ

目地やタイルに付着したカビには、「原液」又は2倍に希釈した「H−100」を直接スプレーし、ハンドブラシや歯ブラシで擦り取った後、水で洗い流すか、またはウェスでしっかりと拭き取って下さい。しつこいカビには「原液」を使用します。塩素が入っていませんから体に安全です。素手のままでご使用が戴けます。もちろん匂いも残りません。目地やコーキングを化学変化により劣化させることもありません。高い剥離作用により基質のあらゆる部分からカビを浮かし、そして水で洗い流す、またはウェスでしっかりと拭い去ることによりカビの除去をし、繁殖の抑制に導きます。洗浄後に原液を直接スプレーし基質の状態を良好にすることにより、カビの繁殖はより一層抑えられます。塩素系のカビ取剤が使用出来ない箇所で、是非ともご利用下さい。
汚れ等をこびり付かせないようにする為には洗浄の回数を重ねることが重要です。「H−100」は化学合成物質を含まない為、素材の表面を傷めず、頻度の高い洗浄を可能にします。

ベイシン台(洗面台)・鏡の洗浄にも有効です。ベイシン台は通常の合成洗剤で洗浄した場合、十分な拭き取りをしないと期間を経た後、残留成分により隅などに白く粉を噴くことがあります。「H−100」はイオン水なのでそれがありません。二度拭きの必要もありません。金属製の蛇口、ベイシンボールのポンプアップもきれいに磨き上げることが可能です。また通常の清掃に於ける鏡面磨きではガラスクリーナーの泡の飛散等を考え、その清掃は乾拭きのみに留められると思いますが、「H−100」は泡の元である界面活性剤を含まず、また液体そのものが無害・無臭なため、手軽に常時、ご利用を戴けます。直接スプレーした後、乾拭きをして下さい。

便器外面・便座には「原液」直接スプレーしながら、便器基部から便座、カバーの上部へと硬く絞ったウェスで隅々まで拭き上げて下さい。便器にこびり付いた便、尿染みも簡単に取れます。剥離作用ならびに、「H−100」原液の電気的な力による菌の細胞壁破壊により、病原性大腸菌等のグラム陰性菌やウィルスなどの雑菌も除去されます。トイレの消臭では、サニタリーボックス内ならびに蓋等の表面、臭いを外に出す換気扇等の汚れ拭き取りも重要なポイントです。

※補足※ 目地等のカビ取り後、その表面がわずかに灰色になっている場合がありますが、これはカビの色素による基質の変色です。カビそのものではありません。
「H−100」には、カビを漂白する効果はありません。


■ 冷蔵庫内の汚れ

庫内のものを出し、汚れに直接スプレーし、乾いたウェス又は絞ったウェスで拭いて下さい。汚れが取れ、除菌されると同時にいやな臭いも消えます。ドアのゴムパッキンに付着した汚れも簡単に落とすことが出来ます。アルコールのようにゴムパッキンを硬化させることがないため、密閉度が低下することもありません。省エネにも繋がります。


■ テレビの画面、リモコン、電話機等に付着した手垢による汚れ

テレビ画面の埃などによる汚れも、見る方向によってはかなり気になります。乾いたウェスに直接スプレーして優しく拭くか、または特に硬く絞ったウェスにスプレーして優しく拭いた後、乾いたウェスで軽く乾拭きします。汚れが取れ鮮明な状態になると同時に、静電気防止効果により埃が付き難くなります。
テレビのリモコン、電話機のプッシュボタン部分には雑菌が多く付着しています。乾いたウェスにスプレーし、軽く拭いて下さい。汚れが取れ、除菌された清潔な状態を取り戻します。

※注意※ テレビ画面の汚れ拭き取りについては、埃の再付着防止の為にも、通常清掃用の約2〜5倍に希釈したものをご使用下さい。
※注意※ テレビの電源は切ってから行うようにして下さい。また、直接スプレーしないで下さい。
※注意※ 乱反射を防ぐ為に特殊なコーティングをされた液晶画面の場合、その画面清掃は製品の取扱い説明書に従うようにして下さい。
※注意※ 静電気防止の為、ウェスは木綿100%のタオルなど、静電気を誘発することのない素材のものをご使用下さい。
※補足※ テレビ画面の埃の付着防止について:「H−100」を拭った時点で画面の表面が電気的に中和をした状態、すなわち静電気を帯びていない状態になる為、埃が付き難くなります。又、通常の洗剤とは異なり、成分に埃の付着の原因となる油分が含まれていないことも、この効果を促進させます。


■ 絨毯やカーペット、布製ソファのシミ・汚れ

絨毯やカーペット、布製ソファのシミ・汚れには直接スプレーし、絞ったウェス(お湯がベスト)または乾いたウェスで拭いて下さい。取れ難いシミ・汚れについては10秒以上放置してから処置して下さい。取れ難いとされている果汁100%のジュース・コーラ、赤ワインのシミにも最適です。1ヶ月程時間の経過したそれらのシミにも有効です。剥離洗浄の為、絨毯やカーペット、布製ソファ生地の変色はありません。但し、本皮ソファについては稀に色落ちするものもあります。目立たない部分でテストをしてからご使用下さい。直接スプレーせず、特に硬く絞ったウェスにスプレーし、軽く拭いて下さい。

※注意※ 血液のシミには、必ず、水で絞ったウェスを用いて下さい。
※補足※ コーヒーのシミについては、早期であれば取ることが可能です。時間が経過したものについては、ある程度薄くすることが可能です。
※補足※ 墨・ペンキや時間の経ったカレーやケチャップ等のシミは落ちません。また、長い期間を経て色素が繊維を染色したようなシミについては除去はほぼ不可能とお考えを下さい。早期に適切な処置をすることが賢明です。


■ 壁・ドアの表面や畳の汚れ

壁・ドアの表面などについたタバコのヤニ等は臭いの元です。また、壁や畳が汚れているとカビが発生し易くなり、健康を害するもととなります。
水拭きが可能であるならば、基本的な使用方法でご使用が戴けます。ヤニやカビも簡単に落とし、しかもカビが発生し難くなります。壁紙が水拭き可能なビニールクロスなどの場合には特に有効です。


■ 空調ダクト口周辺部・天井埋め込みダウンライト周辺部壁クロス上の"静電気による埃汚れ"

通常の洗剤や洗浄水では取り除くことが難しいのが、空気の流れによる摩擦等で壁クロスに付着した静電気による埃汚れです。汚れの広がりを恐れ、敢えてそのままに放置されるケースも見受けられます。
「H−100」は静電気による埃汚れのケースに於いて有効に作用します。原則として、硬く絞ったきれいなウェスにスプレーし、汚れを軽く撫でるように均一に拭き取って下さい。壁や天井のクロスの基質表面を覆ったマイナスの電子と、埃など汚れの表面を覆ったマイナスの電子相互の電気的反発作用により、汚れは拡散することなく浮き上がります。油分が含まれていないので、汚れの再付着を促すようなこともありません。

※注意※ 「H−100」はほとんどのケースに於いて有効に作用しますが、万一の場合を考え、汚れの端等、目立たない部分でテストをしてからご使用下さい。



Copyright (C) 2004 - 2017 HOMS Inc. All rights Reserved.