HOtel cleanliness & Marketing Support


使用方法 :How to use


【基本的な使用方法】

▼ 基本的な使用方法

1. ウェス(タオル等)にスプレーして拭く
 1) ウェスを水に浸してから硬く絞り、手のひらサイズに折りたたみます。
 2) そのウェスに2〜3回スプレーして、汚れた箇所を拭いて下さい。通常、約1u(畳約半畳分)位拭くことが可能です。
 3) ウェスの面が汚れたら、きれいな面で同じ作業を繰り返して下さい。

2. 汚れた場所に直接スプレーして拭く
 1) 通常、汚れから約30cm程離してスプレーし、硬く絞ったウェスまたは乾いたウェスで拭いて下さい。

▼ 落ち難い汚れには

1. 汚れに直接スプレーし、1〜2分経ってからウェスで拭いて下さい。
2. 特に汚れが落ち難い箇所は、丸めたラップフィルムやスポンジ、ハンドブラシ等で汚れを擦り取った後、ウェスで拭いて下さい。

※補足※ ラップフィルム(キッチン用○○○ラップ等)が有効なのは、布製のウェスと違い吸水性がないため、剥離作用を促進させることによります。
※注意※ ウェスとしては木綿100%のタオルなど、静電気を誘発し難い素材のものをご使用下さい。
※注意※ OA機器・一般電器製品に使用する場合は、ショート等の危険を防ぐ為、必ず電源を切ってからご使用下さい。また直接スプレーしないで下さい。


【使用出来ないもの】

漆塗りや金箔をあしらった調度品等で、水拭きが厳禁とされているもの。

■ 炭化した汚れ、基質に染み込んでしまった汚れを落とすことは出来ません。

■ 一部の皮革類。事前に目立たない部分でテストをしてからご使用下さい。

■ 乱反射を防ぐ為に特殊なコーティング処理をされたパソコン・テレビ等の画面で、一部の機種においては保護フィルムが貼ってないものがあります。その場合、
  コーティングを取ってしまう可能性がありますのでご使用は戴けません。製品のお取扱い説明書に従うようにして下さい。

■ 金属製品・部分につきましては、"銅・真鍮"を素材としたものにもご使用が戴けます。"車輌塗装面"の垢取りも可能です。


【希釈について】

■ 当商品は「原液」です。希釈をしておりません。通常の清掃では約2倍に希釈してご使用が戴けます。
  但し、汚れの程度等に応じ、約3倍、約5倍の希釈も可能です。通常使用時の基本的な希釈倍率は、ご使用になられる箇所でのテストの上、お決め下さい。
  2倍希釈の場合、汚れの取れ具合は原液に比較し約80〜90%、3倍希釈の場合は約70〜80%とお考えを下さい。

  ※注意※ 希釈をした場合、原液との比較に於いて剥離作用による汚れの洗浄並びに除菌にその性能の際立った低下は見受けられませんが、菌の細胞壁
         破壊による直接的な除菌性能は減少します。清掃に伴うより高度な除菌には「原液」をご使用下さい。

■ 1、汚物(嘔吐物/便等)除去後の清掃、2、便器外面・便座・尿しみの清掃、3、カビの除去・繁殖防止、4、厨房機器・調理用具の清掃・除菌等に於いて、
  より高度な除菌効果を求められる場合には、直接、「原液」をスプレーし使用するようにして下さい。

ガラスクリーナーとして使用する場合には、ガラス・鏡の基質の特性上、約20倍の希釈も可能です。直接スプレーし、乾いた木綿のウェス等で磨き上げます。

  ※補足※ 静電気の発生を抑えることによる、埃の再付着防止も目的としてご使用される場合には、約2〜5倍に希釈したものをご使用下さい。
  ※補足※ 原液で使用をした場合、乾いたガラス・鏡の表面に電解質であるミネラルが白く残る場合がありますが、人体・基質に害は全くありません。
  そのまま乾いたウェスできれいに磨き上げて下さい。

浸すことによる、野菜・果物・穀物の残留農薬等の洗浄に使用する場合には約20倍に希釈します。

  ※補足※ 『"H−100"の使用例』 内、"3,レストラン/カフェ・厨房"をご参照下さい。

希釈の方法は、スプレー容器にまず水道水又は精製水※1)を、それから原液を注いでスプレーのキャップをし、振って撹拌します。
  Ex. 約2倍に希釈をする場合:
     1、容器に水道水又は精製水を約1/2辺りまで入れる → 2、容器の肩程まで「H−100」を注ぎスプレーのキャップをする → 3、振って撹拌する。

  ※補足※ 精製水とは、精製された不純物のない水のことです。薬局などで、500ml当たり約150円程で入手する事が出来ます。


【保持期限について】

■ 「希釈済みのもの」も、【使用上・保管上の注意】に従いその容器のキャップをしている限り、長期の保存が可能です。「原液」については、より長期の保存が可能です。
  「H−100」の品質の劣化は空気に触れることにより発生はしません。物理的に増やされたマイナスの電子(マイナスイオン)が大気中に放散することにより発生します。
  必ずキャップをした状態で保管をして下さい。

   ※補足※ "容器のキャップ"とはスプレー容器のガンスプレー部分も含みます。容器の口を空けたままの状態で放置はしないで下さい。


【専用ガンスプレー(300ml)について】

■ 「Hー100」が300ml入った状態で、通常、約1、000回のきわめて細かなミスト状のスプレーが可能です。(PE/日本製)

■ ポンプ式の為、スプレーを寝かした状態で操作をした場合など、ストロー管の中に空気が入ることにより噴霧が出来なくなったり、弱くなったりします。
  その場合には、下記のように対処して下さい。

  ◆ 対処方法 1
     スプレーをまっすぐな状態にして、ゆっくりとレバーを引く動作を5〜6回続けて下さい。通常はこれで噴霧が可能になります。
  ◆ 対処方法 2
     ガンスプレー部分を容器の口元より若干外した状態で、何回か噴霧して下さい。その時、ストロー管は容器の液の中に浸けておきます。勢いよく噴霧が出来る
     ようになった時点で、容器にガンスプレー部分をはめた元の状態に戻して下さい。


【使用上・保管上の注意】

■ 飲用ではありません。
■ 体の洗浄目的で使用しないで下さい。
■ 敏感肌で、肌に合わない場合は、素手での使用はお止め下さい。
■ 目に入った場合は、こすらず、洗浄して下さい。
■ 万一飲み込んだ場合は、水を飲む等の処置をして下さい。
■ 記載された用途以外では使用しないで下さい。
■ 大切な箇所や、貴重品等は目立たない場所でテストをしてからご使用下さい。
■ OA機器、一般電気製品に使用する場合は、感電・ショートの危険を防ぐ為、必ず電源を切り、コンセントを外してからご使用下さい。
  また、直接スプレーしないで下さい。
■ 必ず容器のキャップをした状態で保管して下さい。
■ 直射日光が当たらない冷暗所に保管して下さい。
■ 長時間使用をすると手肌がかさつくことがありますが、これは一時的に皮脂が取れた為で、しばらくすると元に戻ります。


品名: 高機能除菌イオンクリーナー
成分: 電気分解還元イオン水
液性: アルカリ性


Copyright(C) 2004 - 2017 HOMS Inc. All rights Reserved.